自然観測室

skmedalist.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 01日

休耕田のオゼイトトンボ

自宅からなるべく近くでオゼイトトンボを見つけたいと思い、湧水の流入する休耕田に行ってみました。
そもそも北方系のオゼイトトンボは、分布の南限に近い茨城では水温の低い湧水によってできる湿地などに生息しています。なのであまり水田にいる物ではないのですが、後背湿地などを水田にした場所などでは時々発生していることがあります。

以前から気になっていた休耕田ですが、シオカラトンボが多いのと、秋以降にかなり乾燥してしまうのがネックな場所でした。しかし慎重に足元周りを探していくと、1頭のオゼイトトンボが飛び出してくれました。
e0277347_1111544.jpg
e0277347_1122459.jpg
イトトンボ類は驚いても猛スピードで飛び去ってしまうことがないので、なんとか飛翔しているところも納めることができました。
e0277347_11476.jpg
残念ながら1頭だけしか見つかりませんでしたが、後日もう一度来てみると複数の個体を見つけることができました。シオカラやハラビロトンボなどの捕食圧が心配ですがなんとか生き延びてくれることを祈ります。


茨城県
[PR]

by sks-medalist | 2013-06-01 11:06 | 蜻蛉


<< ゴイシシジミ      池の春 >>