自然観測室

skmedalist.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 11日

越冬形態

梅のつぼみもふくらみ初め、かすかに春の気配がしてきました。しかし風はまだまだ冷たい日が続きます。

ハンノキにはミドリシジミの卵が付いていました。
e0277347_17113245.jpg
9個の卵塊でした。少し乾燥気味な気がするのが心配です。

足元のスイバにはベニシジミの幼虫がいました。
e0277347_17215440.jpg
寒くても摂食しているようです。葉を裏返してよく見てみると…
e0277347_17253031.jpg
2mm前後の個体が見つかりました。一体いつ産卵されたんでしょう。

常緑の街路樹にはウラギンシジミがしがみついています。
e0277347_17274493.jpg
雌でしょうかね。破損のほとんどない綺麗な個体でした。

さて蛹以外の越冬形態すべてを見つけることが出来ました。なにも居ないように見える冬も、気にしてみれば案外簡単に蝶を見つけることが出来ます。


茨城県
[PR]

by sks-medalist | 2013-02-11 17:45 |


<< 神社の森      あけましておめでとうございます >>