自然観測室

skmedalist.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 21日

小さな翅のコバルトブルー

とある池にコバネアオイトトンボの調査のお手伝いに行ってきました。
池に着いて淵を歩くと、さっそく大きなイトトンボが飛びだしました。

e0277347_19193827.jpg
美しい複眼の雄です。
e0277347_19204034.jpg
正面から。

雌を見つけて駆け寄ると、私と同時に飛びかかる雄が現れ、一瞬もつれた後ぶら下がり状態になりました。
e0277347_19224353.jpg
何度か飛んでは雄が腹部で雌を持ち上げ、交尾を促しますが、なかなか交尾に至りません。
とうとう飛んでいってしまった、と思ったところでアワダチソウにとまり、交尾体になりました。
e0277347_19245948.jpg
雄は翅を開いていますが、雌は閉じています。今回は、私よりも撮影がはるかにうまい人が撮影してくれたので、私は邪魔しないように適当にしか撮りませんでしたが、もっとしっかり撮っておくべきでしたね。反省です。
結局かなりの数が見られ、池の淵から遠いガマ群落では何頭もが産卵しているところも見ることが出来ました。


茨城県
[PR]

by sks-medalist | 2012-10-21 20:15 | 蜻蛉


<< あけましておめでとうございます      マダラヤンマ飛ぶ >>