自然観測室

skmedalist.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 05日

オオムラサキの林

この間ミドリシジミを見に行ったところに、オオムラサキを見に行きました。
ヒオドシチョウが来ていた樹を眺めていると、なぜかオオムラサキがミドリシジミと共に降りてきました。
このままミドリシジミも吸汁するのかと思いましたが、そのまま飛び去ってしまいました。

e0277347_18265049.jpg
さて、私の中ではオオムラサキはテリトリーを張って木の梢を飛び回っているというよりは、クヌギの樹液に来て酒場を独占している、というイメージなのです。
しかし樹液に来ている時のオオムラサキは、なかなか翅を開いてはくれません。山梨のように個体数が多ければ別ですが、ここはそんなに多くありません。

結局この日も2頭の雄を見ただけでした。

帰り際のキマダラセセリ。
e0277347_183327.jpg


次回の更新は蜻蛉の県内遠征の後です。よいものが見られるといいなあ。


茨城県
[PR]

by sks-medalist | 2012-07-05 18:41 |


<< エゾトンボ      休耕田のゼフィルス >>